MENU

 とんでもない出来事に遭遇してしまったために、翌日の会社では元気が出ませんでした。
そんな自分の事を見て同僚が話しかけてきたのです。
「なんだ具合でも悪いのか?」
「いいや精神的な部分でさ…」
彼に昨夜の出来事を話てみたのですが「ははん」といって、帰りに詳しく話をしようぜと言ってきました。
何とかその日の仕事も無事に終えることができ、同僚から飲みに誘われたのです。
昨日の嫌な気分もありましたから、ストレス発散にもなるので、付き合うことにしました。
居酒屋で昨夜の出来事を同僚に話してみることにしました。
相手をみつける事ができたけど、ホテルに入る直前でチンピラに絡まれて大金を取られてしまったと言う事を話てみると、驚くような発言が飛び出してきたのです。
「それはさ、典型的な美人局の手口なんだぜ」
「えっ、なにそれ?いまどき?」
「LINE掲示板なんか使うからそんな目に遭っちゃうんだよ」
このように言われてしまったのです。
セフレ募集をするんだからこういう掲示板を使うのが一番良いはずなんじゃないのか?そんな気持ちになっていました。
「考えてもみろよ、誰でも利用することができるだろう無料だから」
「うん」

「だから、詐欺行為を働くような奴らも簡単に入り込むことができるんだよ」
そう言われてはたと気が付いたのでした。
確かに、誰でも使うことができると言う事は悪質な人間もそこにはいると言う事になってきます。
人を騙すことは顔が見えないインターネットの世界では、とても簡単な事だと言う事に今更ながら気が付いたのでした。
「無料の掲示板と言うのは、こういう詐欺が横行してしまっているんだよ。
美人局や置き引きなんてのもあるし、およそまともな人間がいないと考えても間違いないね」
とても詳しい様子で説明をしてくれたのでした。