MENU

 アポか決定したOLは◯◯駅あたりで待ち合わせがしたいという事で、その場所で関係を持つことにしたのです。
駅から歩いてもそんなに遠くない場所にありましたから、駅前で待ち合わせとなってきました。
仕事が終わってから待ち合わせ場所まで行くと、彼女が先に待っててくれたのです。
OLと言うよりも、どちらかといえばお水系の雰囲気の女性でした。
とってもドキドキしながら挨拶、久しぶりにセックスができるからテンションは上がりっ放しだったのです。
軽く会話を交わしながらホテルまで向かっていきました。
あと少しでホテルに入る、その瞬間でした。
「おらぁっ!!」
突如物凄い声をかけられてしまったのです。
はっとして振り向くと、そこにはチンピラ風の2人の男が立ちはだかっていたのです。
「そのスケとどこいくつもりじゃ、ごらぁ」
物凄い勢いで恫喝してきました。
相手が言うには、その女性は自分の女で手を出しやがったと言う事を物凄い勢いで話してくるのです。
あまりの恐怖にすくみ上がってしまいました。
まさかこのチンピラの彼女と知り合ってしまったのか?今この置かれている状況が、余りにも怖くて正確な判断をすることができなかったのです。
「どう落とし前つけるんじゃボケェ」

烈火のごとく怒りながら脅迫してきたのでした。
あまりの恐怖に声も出すことができなかったのですが、相手から金銭の要求をされ、自然と財布を出してしまっていました。
財布の中にあった5万円を抜き取られそのまま開放されたのでした。
這々の体でその場を離れて駆け足で逃げ出していきました。
楽しいセックスの時間だったはずなのに、物凄い恐怖を味わうことになってしまって脳内が真っ白。
今でもない相手と知り合ってしまったのかもしれない…とにかく、この場を離れなければと離脱することだけを考えてしまっていました。